古代

    no title

    1
    :2011/03/06(日) 12:21:34.89 ID:
    スフィンクス、ピラミッド、ツタンカーメン、オンム・セティ…

    古代エジプトの謎を語ろう。

    2:2011/03/06(日) 12:25:54.00 ID:
    「転生者オンム・セティと古代エジプトの謎」


     かつて私はファラオであるセティ1世の愛人であった、道ならぬ恋をしたことで命を奪われたものだった・・
    と言われたら、私なら、あなたならどうするだろう?
    ニヤニヤと笑って少しずつイスを後ろに引いていくのではないだろうか?

     晩年をアビュドスのセティ1世葬祭殿のそばで暮し、遺跡管理の仕事を引退してからは
    わずかな年金と案内した観光客からうけとるわずかなお金で暮らしていた女性。
    イギリス生まれイギリスそだち。自分が古代エジプト人のうまれかわりであることを段々に
    ぼんやりと思いだしてゆくことで、他人と違っていることの理由が把握されてくる。
    小さなチャンスに飛びついてエジプトへ。結婚をしても子供を産んでも、断ち切れない自分
    の過去の記憶。恐れるように祈るように、自らを犠牲として捧げるような思いで、人生の
    最後を迎えるためにアビュドスに向かい、居をかまえる。古代エジプトへの豊富な知識と
    経験を持っていながらも、なんの名声も一切の栄誉も望まず、持たずに亡くなった
    オンム・セティという女性。



    3:2011/03/06(日) 14:24:00.44 ID:
    モーセがヘブライ人を率いてエジプトを脱出した出エジプトは、本当にあったことなのだろうか?

    虚構だったとしたら、なぜそのような物語が生み出されたのだろうか?
    4:2011/03/06(日) 19:03:58.77 ID:
    聖書の舞台はアシール州ですよ
    【古代エジプトの謎】の続きを読む

    20150428029

    1
    :2014/03/23(日)15:31:05 ID:
    シュメールからアケメネス朝まで
    インドやエジプト等同時期の他地域の話題もOK
    2:2014/03/23(日)20:26:59 ID:
    『ドルアーガの塔』の主人公キャラ
    ギルガメッシュはシュメール神話から来ている。
    3:2014/03/23(日)21:22:26 ID:
    ギルガメッシュは実在したの?
    おれんとこの高校教師は、モデルがいたと言ってたんだが
    4:2014/03/25(火)19:42:21 ID:
    イラクのキリスト教徒のアッシリア人ってあのアッシリアと関係あるの?
    【古代メソポタミアを語るスレ古代メソポタミアを語るスレ】の続きを読む

    no title
    no title
    1
    :2015/03/03(火) 12:20:29.95 ID:
    奈良のピラミッドは6段以上 高い技術、蘇我氏の墓有力 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150303-00000008-asahi-ent



    石を積んだ階段状の遺構=2014年11月18日、奈良県明日香村、遠藤真梨撮影


     ピラミッドのように階段状に石を積み上げた、類例のない大型方墳とわかった奈良県明日香村の都塚(みやこづか)古墳(6世紀後半ごろ)が、
    階段内部にも大量の石を詰め込んで造られていたことがわかった。村教委の西光(さいこう)慎治調整員が1日、村内で開いた講演会で発表した。
    階段は6段以上に及ぶこともわかり、特異な工法や規模から大豪族・蘇我氏の墓との見方が強まりそうだ。

     村教委と関西大の調査で、川原石を階段状に計5段以上(高さ4・5メートル以上)積み上げた、東西約41メートル、南北約42メートルの
    大型方墳とわかり、昨年8月に発表された。その後の調査で、階段の壁面部分だけでなく、テラス状の平坦(へいたん)部(幅約1メートル)の
    内部にも拳大~人頭大の川原石を詰め、表面を約20~30センチの化粧土が覆っていたことが判明。階段は少なくとも6段分あり、さらに
    数段続くとみられる。墳丘南東部ではコーナー部分も確認された。

     当時は土を突き固める「版築(はんちく)工法」が導入されておらず、西光さんは「石詰めによって盛り土を補強した可能性がある」という。
    3:2015/03/03(火) 12:29:01.76 ID:
    蘇我氏の偉業は葬り去られたからなあ
    12:2015/03/03(火) 13:13:03.41 ID:
    >>3
    だな
    4:2015/03/03(火) 12:30:30.48 ID:
    昔は政治の蘇我氏、軍事の安部氏と評価された
    安部が軍国主義を復活させようとする時、蘇我氏の墓が見つかるとは何かの縁だろうか
    もう政治は死んだと言うメッセージなのか
    【【考古学】奈良県明日香村、都塚(みやこづか)古墳のピラミッドは6段以上 高い技術、蘇我氏の墓有力】の続きを読む

    20150428027

    1
    :2014/05/23(金) 12:16:38.02 ID:
    更にそれを滅ぼす海の民とかいう謎の民
    2:2014/05/23(金) 12:17:10.39 ID:
    青銅使ってた連中やったっけ?
    3:2014/05/23(金) 12:17:46.37 ID:
    >>2
    鉄やろ
    6:2014/05/23(金) 12:19:20.26 ID:
    海の民はもっとしっかりした名前の訳なかったんかといつも思ってたわ
    【ヒッタイトとかいう謎の最強武装集団】の続きを読む

    20150404017
    1: 小助 ★ 2015/04/01(水) 07:53:49.00 ID:???*.net
    ナショナル ジオグラフィック日本版 3月31日(火)10時49分配信

    トルコの世界遺産カッパドキアで、過去最大とみられる地下都市が見つかった。
    場所はこの地方の中心都市ネブシェヒルの市街地。丘に建つ城の地下に、入り組んだトンネルと部屋が発見された。
    発掘調査されたのはまだ一部だが、その規模と構造はこれまで最大とされてきた
    デリンクユの地下都市を上回るとみられる。

    カッパドキアはトルコ中央部に位置し、妖精の煙突と呼ばれる奇岩や洞窟の教会、
    さらには数多くの地下都市で知られている。
    火山灰が堆積してできた柔らかい岩石や凝灰岩を削り出してつくった地下都市は250 余りあり、
    侵入者から逃れるための隠れ場所だったとされる。

    ■工事現場で見つかった地下への入り口■

    発見のきっかけは、市の住宅建設プロジェクトだった。
    2013年、ネブシェヒルの城を取り囲むように建っていた低所得者向け住宅を解体していた作業員たちが、
    地下への入り口を発見。その先にはトンネルと部屋が網の目のようにつながっていた。

    市は建設プロジェクトを中止すると、考古学者や地球物理学者による調査を開始。
    2014年に居住空間や調理場、ワイン醸造所、礼拝堂、階段などから成る多層構造の地下都市を発見した。
    石臼や石の十字架、陶磁器といった遺物からは、ビザンチン期からオスマン帝国の支配下に置かれるまで、
    ここが実際に使用されていたことがうかがえる。

    続く

    【【伝説の黄金都市】カッパドキアに新たな地下都市、シャングリラ発見か?過去最大級と推定】の続きを読む

    このページのトップヘ