歴史

    20150509001
    1
    :2012/02/12(日) 13:53:51.69 ID:
    古の昔、関東から東北にかけて毛人(縄文人)の巨大な日本王国があった

    この日本王国は大和朝廷が興るより早く衰退期を迎える
    この文明が衰退した原因は急激な気候変動によるものと考えられている

    日本王国は衰退の過程で複数の部族に分かれたが、その中で大和朝廷と婚姻関係を結ぶことで
    有力豪族となった一族がいた、毛野氏(けぬうじ)族である

    毛野氏族は、崇神天皇皇子の豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)の子孫を自称している
    が、実際の祖は景行天皇の孫である御諸別命(みもろわけのみこと)のようだ

    毛野氏の勢力範囲は、両毛を中心として、常陸西部・武蔵北部に及んだ
    この一族は武門に優れ、朝廷の命により東北の蝦夷を討伐し経営、朝鮮半島にも出兵している
    勇敢な縄文の血を引く毛野氏族は、後に新田氏や足利氏といった坂東武士の誕生に大きな役割を果たすことになる

    このスレはいまだ謎の多い毛野氏族を研究することにより、
    「坂東武者1人は、よその武者8人に匹敵する」「武士の本場は坂東(関東)」と言われるほどになった
    坂東武者の強さの秘密と幻の日本王国の全貌に迫ろうという壮大なスレである
    ふるってご参加ください
    2:2012/02/13(月) 17:24:51.57 ID:
    邪馬台国を脅かしていた強大な狗奴(くぬ)国とは毛野(けぬ)国のことだと言われているね。
    8:2012/02/14(火) 01:48:09.63 ID:
    >>2
    狗奴は熊野で間違いない
    3:2012/02/13(月) 20:24:39.95 ID:
    狗奴国は、許乃国(コノ国)
    【【古代ロマン】坂東武者の祖、毛野氏族について語ろう】の続きを読む

    20150428027

    1
    :2014/05/23(金) 12:16:38.02 ID:
    更にそれを滅ぼす海の民とかいう謎の民
    2:2014/05/23(金) 12:17:10.39 ID:
    青銅使ってた連中やったっけ?
    3:2014/05/23(金) 12:17:46.37 ID:
    >>2
    鉄やろ
    6:2014/05/23(金) 12:19:20.26 ID:
    海の民はもっとしっかりした名前の訳なかったんかといつも思ってたわ
    【ヒッタイトとかいう謎の最強武装集団】の続きを読む

    20150404017
    1: 小助 ★ 2015/04/01(水) 07:53:49.00 ID:???*.net
    ナショナル ジオグラフィック日本版 3月31日(火)10時49分配信

    トルコの世界遺産カッパドキアで、過去最大とみられる地下都市が見つかった。
    場所はこの地方の中心都市ネブシェヒルの市街地。丘に建つ城の地下に、入り組んだトンネルと部屋が発見された。
    発掘調査されたのはまだ一部だが、その規模と構造はこれまで最大とされてきた
    デリンクユの地下都市を上回るとみられる。

    カッパドキアはトルコ中央部に位置し、妖精の煙突と呼ばれる奇岩や洞窟の教会、
    さらには数多くの地下都市で知られている。
    火山灰が堆積してできた柔らかい岩石や凝灰岩を削り出してつくった地下都市は250 余りあり、
    侵入者から逃れるための隠れ場所だったとされる。

    ■工事現場で見つかった地下への入り口■

    発見のきっかけは、市の住宅建設プロジェクトだった。
    2013年、ネブシェヒルの城を取り囲むように建っていた低所得者向け住宅を解体していた作業員たちが、
    地下への入り口を発見。その先にはトンネルと部屋が網の目のようにつながっていた。

    市は建設プロジェクトを中止すると、考古学者や地球物理学者による調査を開始。
    2014年に居住空間や調理場、ワイン醸造所、礼拝堂、階段などから成る多層構造の地下都市を発見した。
    石臼や石の十字架、陶磁器といった遺物からは、ビザンチン期からオスマン帝国の支配下に置かれるまで、
    ここが実際に使用されていたことがうかがえる。

    続く

    【【伝説の黄金都市】カッパドキアに新たな地下都市、シャングリラ発見か?過去最大級と推定】の続きを読む

    このページのトップヘ